auひかりkddi【一番得する方法】

auひかりで一番得する窓口はどこか

auひかりの導入を検討している人の中で、プロバイダ選びに迷っている人は実はかなり多いと思います。

auひかりで使えるプロバイダはそもそも大量にありますが、光ファイバー自体はauひかりのものを使用しているので、基本的なプランや月額料金にあまり差はありません。

光回線は同じといっても、プロバイダ選びを間違えるとキャッシュバック金額が違っていたり、キャンペーンが違っていたりするので、プロバイダ選びは慎重に行いましょう。

このサイトでは、光回線の営業をやっていた管理人の私が、あらゆる切り口から本当に最強のプロバイダはどこなのかを検証していきたいと思います。

すべての面から総合的に得するプロバイダを選ぶには

そもそもプロバイダというのは、エンドユーザーの個人宅とネット回線をつなぐ仲介業者のようなものです。光回線であるauひかりを使うには、プロバイダなくして成り立ちません。

auひかりで契約できるプロバイダには以下のような業者があります。

BIGLOBE、So-net、GMOとくとくb、@nifty、ASAHIネット

プロバイダはキャッシュバックキャンペーンの金額が違っていたり、オプションのありなしが違っていたりいろいろな違いがあります。

得するプロバイダを選ぶためには、以下の3つのポイントが大切になってきます。

1,キャッシュバックでもらえる金額と実際に振り込まれる時期

2,光回線の上りと下りのスピードが早くて安定しているか

3,キャッシュバックにオプションがいるかいらないか

上の3つの選び方のコツを解説していきたいと思います。

ポイント1 キャッシュバックの総額と申請のしやすさ

回線業者のプロバイダを選ぶときにとにかく大切なポイントとして、金額はもちろんですが、確実に受け取れるかどうかも重要な要素になっています。

プロバイダの業者によっては、何万円も違っているようなところもあります。

キャッシュバックが全くもらえないところもあれば、超高額なキャッシュバックをしているところもあります。

どのプロバイダ業者と契約したとしても、auひかり自体の回線は全く同じなので、基本的なプランは変わりません。

上記のようなことから、高額であればあるほどいいというわけではなく、確実に振り込んでくれるかどうかを見極めることも大切になってきます。

ポイント2 回線がどれだけ高速で安定しているか

回線の速度がどれくらいでているのかもチェックしておきましょう。auひかりの最高速度は理論値で1Gbpsですが、実際にこのマックススピードがでるわけではありません。

一ついっておくと、auひかり自体は光回線でめちゃくちゃ早いので、プロバイダが遅いところだったとしても、使えないくらいの遅さになることはあり得ませんのでご安心ください。

ですが、なるべくなら一番早くて回線が安定しているプロバイダを選びたいのは消費者として当たり前の心理だと思います。

ポイント3 オプションが充実しているかどうか

3つめに選ぶべきポイントとしては、セキュリティが充実しているかどうかを見極めましょう。

安心度の高いインターネット環境をそろえるためには、セキュリティが必須になってきます。ハッキングやウイルス対策をしていないと、クレカや個人情報などが漏れてしまうこともあります。

プロバイダ各社のセキュリティが毎月いくらぐらいで使えるのかあらかじめチェックしてから利用しましょう。

業界最高峰のお得さを誇るプロバイダ

以下からはプロバイダ各社を具体的にいろいろな切り口で検証していきたいと思います。

auひかりの具体的な項目を一覧表にしているので是非一度ご覧ください。

★GMOとくとくBB

キャッシュバック額:61,000円 受取時期:11ヶ月後 平均速度:516.02Mbps

★ソネット

キャッシュバック額:55,000円 受取時期:翌月 平均速度:395.14Mbps

★BIGLOBE

キャッシュバック額:50,000円 受取時期:11ヶ月後 平均速度:385.45Mbps

★au one net

キャッシュバック額:10,000円 受取時期:4ヶ月後 平均速度:395.14Mbps

★@nifty

キャッシュバック額:30,000円 受取時期:23ヶ月後 平均速度:358.74Mbps

★DTI

キャッシュバック額:38,000円 受取時期:14ヶ月 平均速度:485.29Mbps

とくにおすすめの最強のプロバイダは間違いなく「GMOとくとくBB」ですね。

GMOとくとくBBが一番おすすめ!

GMOとくとくBBというプロバイダは東証一部上場のGMOが運営しているプロバイダです。

GMOとくとくBBの魅力はなんといってもそのキャッシュバック金額ではないでしょうか。ですが、キャッシュバックの受け取り方に特徴があります。

キャッシュバック案内メールが11ヶ月後と23ヶ月後に送られてきますが、そのメールに1ヶ月いないに返信しないとキャッシュバックを受け取ることができません。

キャッシュバックをたくさん受け取りたいという人には特におすすめのプロバイダが、GMOとくとくBBです。

GMOとくとくBBは数あるauひかりのプロバイダの中でもとくに優秀な回線スピードを誇っています。

GMOとくとくBBの回線速度は約500Mpbsくらいとなっています。他社のプロバイダと比較しても圧倒的な回線速度を維持しています。

有名じゃないところはやめておきましょう

GMOとくとくBB以外のauひかりのプロバイダはあまりおすすめできませんが、具体的に検証していきましょう。

au one net

こちらのプロバイダはauという名前の通りKDDIが運営しています。

そもそもとしてauひかりもKDDIがやっています。

同じ系列会社なので、得するキャンペーンが豊富に用意されているかのようにも見えますが、実はそんなことはなくてあまり得しません。

auoneからのキャッシュバックが少ない理由としては、競合他社のプロバイダにauひかりのサービス拡大を目指してもらいたいからなんです。

auoneからのキャンペーンを減らすことにより、競合他社のプロバイダはauひかりを営業しやすくなります。

BIGLOBE

BIGLOBEは電機メーカー系のプロバイダで、かのNECが創業したプロバイダになります。

キャッシュバック金額は最大で5万円くらいとなっています。

ですが、BIGLOBEにはセキュリティオプションが無料でついていません。

キャッシュバック金額が5万円以上あって、回線速度も安定していて、オプションなども充実しているGMOのほうがおすすめです。

DTI

こちらのプロバイダは東京電力の孫会社が運営しているプロバイダです。

リモートでサポートしてもらえるというメリットがあります。

DTIのキャッシュバックは約4万円くらいありますが、実際に振り込まれるまでの時間が1年以上もあるので、おすすめできるものではありませんね。

auひかりに申し込むときのステップ

ここまではauひかりのプロバイダの比較をしてきましたが、申し込み手順を解説していきたいと思います。

何年も使い続ける光回線を契約するのですから、できるかぎり回線速度が早くて、特典も豊富なところを選びましょう。一番はやはり「GMOとくとくBB」ですね。

GMOとくとくBBのauひかりを申し込むときの手順を解説していきたいとおもいます。

手順1 サイトから申し込み

GMOとくとくBBのサイトを開きます。

右上にあるエリア検索をクリックして、次のページを開きます。

手順2 住所や名前を入力する

次のページを開くと、個人情報を入力する画面になります。

手順3 折り返しの電話をまつ

名前や住所などを入力したら送信ボタンをクリックします。

申し込みフォームの入力が完了すると10日以内に、auひかりから工事の日程と申し込み完了の電話がかかってきます。

auひかりの工事日程のスケジュールを合わせましょう。

手順4 工事完了

光回線の工事が完了してようやくネットができるようになります。

プロバイダの疑問点など

auひかりのプロバイダの具体的な質問一覧です。

質問1 プロバイダだけを乗り換えたい

auひかりはプロバイダだけを乗り換えることはできないようになっています。

そもそもauひかりというのは回線とプロバイダがセットになっているので、プロバイダを変更したいときは光回線自体も解約する必要があるのです。

プロバイダを変更したい人は、auひかりの回線を解約し直しましょう。

質問2 auひかりを解約するときの費用

auひかりの解約金や違約金は次のようになっています。

auひかりのプラン内容によっても解約金が変わってくるのですが、一軒家タイプの場合は1万円くらい、賃貸タイプの場合は6000円くらいとなっています。

これらの解約金はauひかりの解約金なので、プロバイダはどこでも同じ金額となっています。

質問3 プロバイダの確認方法

自分の契約しているプロバイダを調べるには、マイページからチェックできます。

マイページのアクセス方法がわからないときは、月額料金の引き落とし明細などに書かれていることもあります。

auひかりを契約するときに一番得する方法を解説

auひかりのキャンペーンはどういう特典があるのか?、どこの窓口が一番得するのか?などなど気になっている人は多いのではないでしょうか。

auひかりの各社プロバイダがやっているキャンペーンを比較してみたところ、GMOとくとくBBが最強クラスにお得であることがわかりました!

数あるプロバイダの中でもGMOとくとくBBが最強!

結論から言ってしまうと「GMOとくとくBB」が現時点で最強クラスのプロバイダといえるでしょう。

GMOとくとくBBならauひかりのキャンペーンに加えて、次のような特典を実施しています。

1,最大で61000円のキャッシュバックがもらえる!

2,ひかり電話が3年間も無料になる!

3,高機能な性能のルーター端末がもらえる!

auひかりのプロバイダや代理店を比較検証!

auひかりのキャンペーンを現時点で実施しているプロバイダでキャンペーン内容を比較してみたところ、GMOとくとくBBが最強でしたね!

★GMOとくとくBB

キャッシュバック額 戸建:61,000円 マンション:51,000円 受取時期:11ヶ月後

必要なオプション:光電話のみ(最大36カ月無料)

★NEXT

キャッシュバック額 52,000円 受取時期:2カ月後

必要なオプション:光電話のみ

★NNコミュニケーションズ

キャッシュバック額 52,000円 受取時期:2カ月後

必要なオプション:光電話のみ

これらの比較表を見てみると、auひかりを本当に申し込むのであれば、GMOとくとくBBが一番最強だと一目瞭然だと思います。

auひかりを申し込むときに受け取ることができる特典には、次のようなものがあります。

手に入れることができる特典としては、プロバイダによる特典と、公式サイトがやっている特典の二つがあります。

そもそも代理店やプロバイダというものは、auひかりの光回線とエンドユーザーをつなげる仲介的な役割を果たしています。

プロバイダから契約したときでも、auの公式特典をもらうことができるので、ダブルで特典を手に入れることができます。

次の章からは公式キャンペーンの具体的な内容などをチェックしていきましょう!

auひかりの公式特典について

auひかりは、auの名がつくとおりKDDIが運営しているプロバイダ一体型の回線サービスです。

auのスマホを持っている人であれば、一番お得になる光回線だと言っても過言ではないでしょう。

auひかりの具体的なサービス内容は次のようになっています。

通信速度 最大1Gbps 関東は10gbpsのエリアもあり

提供エリア 全国 静岡愛知岐阜三重大阪京都などは対象外

月額料金 戸建て:5,610円 マンション:4,180円

電話オプション 550円/月

スマホセット割 スマートバリュー 1回線1,100円割引×家族の人数

事務手数料 3,300円

工事費用 実質0円

契約期間 3年と2年の2種類

解約金 3年契約の場合は16,500円 2年契約の場合は10,450円

キャンペーン 実質工事費無料

KDDIが公式でやっているキャンペーンは数個あって、すべてのキャンペーンを適用させることができます。具体的に見ていきましょう。

公式キャンペーン1 他社からの乗り換えを負担

auひかりでは乗り換えキャンペーンとして、競合他社からauひかりに乗り換えるときに、解約金などをauひかりが代わりに払ってくれるサービスをやっています。

他社の違約金を肩代わりしてもらうためには、auひかりを申し込んでから1年以内に、乗り換えサポートの申請書をauひかりに返送します。

解約金申請書を受け付けてもらってから1ヶ月くらいで、auPAYへ送金されます。

auPAYというサービスは皆さんご存じの人も多いと思いますが、au加盟店でそのポイントを使ってショッピングができます。

スマホからauPAYを使うのは基本ですが、スマホがなくてもプリペイドカードから支払いを行うこともできます。

このキャンペーンを適用してもらうには次のような条件があります。

他社の固定ネット環境、モバイルルーターからの乗り換えはキャンペーン対象外です。

ずっとギガ得プランとひかり電話に入って、3年以上使うこと。

乗り換えスタートサポートを適用するためには、3年で自動更新となるずっとギガ得プランへの加入と、毎月550円かかるひかり電話への加入が必須となります。

公式キャンペーン2 初期費用がほぼ無料

auひかりの初期費用というのは工事費用のことですが、auひかりはインターネット回線とひかり電話を同時並列的に契約することにより工事費用を無料にするキャンペーンを執り行っています。

auひかりの工事費用はマンションが3万3千円、一軒家が4万円かかりますが、このキャンペーンを使うと、これらの費用が無料になるということです。

工事費用というのは月額での分割払いですが、このキャンペーンを実施すると無料になるということです。

このキャンペーンを適用すると、工事費用が分割払いで始まるので、途中で解約したとしてもメリットはたくさんありますね。

契約期間が終わるまでauひかりを使い続ければ完全に無料にできるので、是非活用してみてください。

公式キャンペーン3 auの携帯でかなり割引

auひかりはauのスマホを使っているお客さんがネット回線とひかり電話を同時に契約することにより、auの携帯1個あたり平均750円くらい割引になる制度があります。

auの契約プランに応じて割引金額は変動しますが、家族全員でauスマホを契約している場合は、家族全員分の携帯電話がずっと割引されます。

以上のように、auひかりは数ある光回線の中でも特段に優れたキャンペーンを多数実施しているので、auの利用者は圧倒的におすすめですね!

公式キャンペーン4 ホーム5ギガなどが割り引き

auひかりでは、ずっとギガ得プランに申し込むことにより、5ギガや10ギガなどの高速プランが550円割引されます。

このキャンペーンを適用するためには、ホーム10ギガか5ギガを申し込まなければなりません。

しかし、この上記の10ギガと5ギガのプランは関東地域でしか提供されていないので、当てはまる人が少ないと思います。

auひかりのプロバイダが独自にやっている特典とは

auひかりの代理店やプロバイダは、auひかりの公式のキャンペーンに加えてプロバイダ独自のキャンペーンを実施しています。なので、auひかりから直接申し込むより二重にキャンペーンを受け取ることができるのです。

プロバイダ各社がやっている独自特典は、プロバイダによってかなり開きがあるので、選び方によっては何万円も得したり損したりということがざらにあります。

独自のキャンペーンには、キャッシュバックと、ルーターの端末を無料でプレゼントがあるので、解説しています。

独自キャンペーン1 かなりのキャッシュバックがある!

キャンペーンで一番目を引くのが、高額のキャッシュバックキャンペーンではないでしょうか。

auひかりを取り扱っているプロバイダや代理店は、公式サイトを圧倒的に上回る高額なキャッシュバックキャンペーンを実施しています!

当サイトで最高峰のプロバイダとしておすすめしている「GMOとくとくBB」の場合だったら、マンションは5万円、戸建ては6万円という業界トップクラスのキャッシュバックキャンペーンをやっています。

独自キャンペーン2 ルーター端末が無料!

自分の家で快適なネット回線を楽しむためには、Wi-Fiルーターが必須になってきます。

Wi-Fiルーターを無料で提供、もしくはレンタルをしてくれるプロバイダがあります。

たとえばGMOとくとくBBだったら、高機能なWi-Fiルーターを1台無料でもらえます。レンタルとかではなくてもらうことができます。

無償でもらえるという点は、解約した後も返却する必要がないので、利便性が高いといえるでしょう。

粗悪な申し込み窓口を避ける方法とは

プロバイダとか代理店の中には、ものすごい高額なキャッシュバックを実施していて、そういうところで申し込んだ方がお得に感じたりもします。

しかし、一見するとすごい得しそうな金額には裏があるのです。

悪質な代理店によくあるパターンを解説してきたいと思います。

注意点1 オプションが必須となっている

高めのキャッシュバックキャンペーンを実施しているプロバイダや代理店を見てみると、オプションが絶対必要だったりします。

キャッシュバック金額がいくら高額だったとしても、自分が使わないようなオプションをつけてしまったら元も子もありませんよね。

キャッシュバックを適用してもらうためには絶対条件のオプションの中には毎月3000円くらいかかるものとかもあって、キャッシュバックは受け取ったのはいいものの、オプション代ですぐ上回ってしまったなんてことにもなりかねません。

上のようなオプションが大量に必要だというパターンは家電量販店によくありがちなので、注意しましょう。

なお、スマートバリューという割引を適用してもらうためには、ひかり電話のオプションが必須となっているので、キャッシュバック条件にひかり電話が入っていてもそんなに気にする必要もないと思います。

注意点2 受取期間が先に設定されている

プロバイダや代理店などによっては、キャッシュバックのもらい忘れなどを狙っているようなところもあるので注意しましょう。

キャッシュバックの申請忘れを狙っているプロバイダというのは、申請するのが契約をしてから1年後で、さらにそこから受け取るために半年かかるみたいな場合です。

auひかりを契約してから、キャッシュバックの申請ができるまで1年とかかってしまうので、申請忘れを狙っているとしか思えませんよね。

こういったパターンの顧客の申請忘れを狙っているかのようなキャンペーンには十分お気をつけください。

注意点3 現実的ではない条件がある

現実的に不可能な条件をつけているようなプロバイダなどは注意しましょう。

一例としては、自分が回線契約をした後に、誰かしらを契約までこぎつかせなければキャンペーンを受け取れないというようなパターンです。

光回線や固定回線なんて、そうそう入れ替えるものでもないので、新しく光回線を契約したいと思っている知り合いなんて見つけるのは難しいですよね。

こういうパターンの実現不可能に近い条件があるキャンペーンに申し込んだときは、結局キャッシュバックを1円たりとも受け取れなかったということになりかねません。

こういったことがあるので、確実に受け取れるキャンペーンをやっているプロバイダを選ぶことがとても肝心になってきます。

注意点4 キャッシュバックが高い代わりに基本料金も高い

高額なキャッシュバックが手に入る代わりに、毎月の月額料金が高額になってしまうというパターンもあります。

よくあるパターンとしては、工事費用が実費の代わりにキャッシュバックが高額になっているというものがあります。

auの場合は初期費用が無料になっているので、工事費も無料になりますが、窓口によっては工事費の代わりにキャッシュバックを高額にして満足感を与えるような印象操作をしているところもあります。

auひかりを契約する代理店やプロバイダによって毎月の支払額が変わるので、すべてを踏まえて総合的に支払う金額が安くなるかどうかで判断しましょう。

結局、一番お得な窓口はどこなのか?

ここでは、高額キャッシュバックに優れているプロバイダと代理店の中から一番お得な窓口を検証しています。

結果からいってしまうと、auひかりの一番得する窓口は「GMOとくとくBB」です。

一番最強に得するプロバイダや代理店を比較するときは次のようなコツがあります。

オプションなしでキャッシュバックがもらえる、キャッシュバックの総額が大きい、確実に短期間で振り込んでもらえる。

ちなみに、次の一覧表以外にも申し込みができる場所はいくらでもありますが、キャッシュバックが数万円以下のところは含めていません。

また、auのスマホセット割りを適用してもらうためには、光電話が必ず必要になってくるので、細かい条件をすべて踏まえた上での厳選に厳選を重ねた比較をしております。

ちなみに、格安携帯を使っているお客さんはauのスマホセット割を使えませんが、光電話はお得なので、加入してもいいと思います。

★GMOとくとくBB

キャッシュバック額 戸建:61,000円 マンション:51,000円 受取時期:11ヶ月後

必要なオプション:光電話のみ(最大36カ月無料)

★NEXT

キャッシュバック額 52,000円 受取時期:2カ月後

必要なオプション:光電話のみ

★NNコミュニケーションズ

キャッシュバック額 52,000円 受取時期:2カ月後

必要なオプション:光電話のみ

GMOとくとくBBなら、キャッシュバックの金額が高額な上に、光電話が戸建てで3年間無料、マンションで2年間無料なので非常にお得です。

auユーザーのお客さんであればさらにお得になります!

GMOとくとくBBはキャッシュバックが手厚い!

GMOとくとくBBは東証一部上場企業のGMOが運営しているプロバイダで、auひかりでダントツトップクラスのキャンペーンを取り扱っている窓口となっております。

GMOとくとくBBは最大キャッシュバック額約6万円が受け取ることができて、約1万円相当のWi-Fi端末も無料でもらえます!

auのユーザーが使える、スマホセット割り「スマートバリュー」に必要なオプションである、光電話を無料で付け加えてくれるので、かなりお得といえるでしょう。

GMOとくとくBBの具体的なキャッシュバックは次のようになっています。

1,GMOとくとくBBを申し込むときに専用アドレスをもらいます。

2,回線契約した時を含む、11ヶ月目と23ヶ月目に専用アドレスにキャッシュバックの案内メールが送られてきます。

3,必要なことを入力してから返信すると翌月の末日には振り込んでもらえます。

キャンペーンについての質問

auひかりのキャンペーンについての疑問や質問などについて解説しています。

1,オプションにも適用できるキャンペーンはあるかどうか

auひかりのテレビオプションにオールジャンルパックなどがありますが、新規加入することにより2ヶ月間無料になるというキャンペーンがあります。

好きなチャンネルをパッケージにした、ジャンルパックというのは、アニメやスポーツなど数種類があります。

自分が好きなチャンネルだけを登録して毎月約1600円くらいで使うことができるプランとなっております。

他には、すべてのチャンネルを見ることができる、オールジャンルパックというものがありますが、こちらは月額2700円くらいとなっています。

2,5ギガや10ギガのプランのエリアについて

5ギガ、10ギガなどの超高速ができるプランは戸建てのみとなっていて、対象の都道府県は関東のみとなっています。

auひかりは独自の回線を使っているので、通信速度や安定性に高評価があるので、該当エリアであれば快適なインターネットが出来ると思います。

auひかりを契約するときはプロバイダを厳選しよう!

ここまでauひかりの特典やメリットデメリットなどについて徹底的に解説してきました。

auひかりがやっているキャンペーンとしては、auが公式でやっているものと、プロバイダが独自でやっているものの2パターンがあります。

ちなみに、公式でやっている特典とプロバイダがやっている特典は並列で使用することができるので、二重に割引を受け取ることができるので、プロバイダなどから申し込んだ方がダントツでお得になります。

現在実施されているあらゆるキャンペーンをいろんな切り口で比較してみたところ、GMOとくとくBBが一番お得です。

GMOとくとくBBなら以下のような特典を手に入れられます。

1,最高額で6万1千円のキャッシュバック

2,ひかり電話が3年間も無料になる!

3,高機能ルーター端末が無償でもらえる!

GMOとくとくBBは最強クラスのプロバイダといってもいいくらいキャンペーンが充実しています。

GMOとくとくBBでとくに優れている点としては、6万円ものキャッシュバックと、回線のスピードと安定性ではないでしょうか。

また、公式特典として次のような特典も同時に適用してもらえます。

1,他社からauひかりに乗り換えると解約金がもらえる

2,光回線の引き込み工事費用が無料

3,スマートバリューがとってもお得!

上記のように、au公式の特典とプロバイダの独自特典を併用することによりかなりお得になります。